POSレジ業者楽々比較

総合ランキング

POS+
総合評価★★★★★
ラクレジ
総合評価★★★★☆
スマレジ
総合評価★★★★☆

ホーム > 使いやすいPOSレジとは > リアルタイムで分析できるPOSレジ

リアルタイムで分析できるPOSレジ

従来のレジスターとは違い最近ではPOSレジの導入が増えています。
まずこのPOSとは、英語のPoint Of Salesの略です。
日本語で言うと販売時点情報管理という意味合いです。
商品を販売した時点でその情報を記録したり集計することだったのですが、最近では、記録やしゅうけいにもとづづいて売上げなどの管理や分析を行う機械のことを指してPOSレジとかPOSシステムと呼ぶようになっています。
スーパーやコンビニ、ファミリーレストランなど、ランチャイズで展開するチェーン店が導入して来ました。
それが浸透して、最近ではタブレット端末のPOSなど、手軽に導入できるものが増加してきました。
そのため、個人経営の飲食店や小売の店などでも導入するところが増えてきました。
もともと持っていた会計の機能にネットワーク機能を連携させたことが画期的な点です。
商品を販売した時点でその情報を記録したり集計することが出来るうえでに、集計した情報をもとに商品管理をして、売れ筋を分析するのもリアルタイムに行うことができます。



計算から管理まで簡単POSレジ

小規模な店舗などでは未だ従来のレジスターでの計算、管理が行われています。
それは規模的に計算ミスのフォローや、売り上げ管理にも手が回る範囲で規模であるためです。
大規模になってくるとレジ作業や管理に対し、なるべく時間を割きたくないというのが、店舗側の本音です。
それらを全て解消してくれたのがPOSレジというシステムです。
これらを提供している会社はまだまだ日本には少なく、これからのシステムとなるわけですが、取り急ぎ導入されている企業様のレジ計算、そして管理に対する負荷の大幅な軽減に成功しています。
勿論導入費用などもありますから、そこは折り合いをつける必要はありますが、本来割きたくないところの時間を実際に割けるようになることで、今まで時間があれば行いたかった作業に何も気にせず取り掛かることができるようになります。



POSレジは情報の塊になります

POSレジというのは、コンビニとかスーパーなどで用いられている会計用の機械になります。
商品ごとにバーコードを登録しておいて、それを通すだけで値段が出る、という機械なわけです。
そして、そのデータはすべて蓄積されていくことになります。
全国的に展開している店であればそれを統計データとして分析をして、経営戦略に使うことになっています。
何時にどんな人が何を購入したのか、というのがデータとして活用できるわけです。
これが理由でPOSをしっかりと導入することが必須になっているわけです。
ちなみに意外と高価な機械でもありますからリースもやっていたりします。
また通信回線も使うことになりますから、そちらの方面にも費用がかかることになります。
ですが、上手くすれば相当によい経営判断の材料になることになりますし、そもそも会計処理を相当に早くすることができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP