POSレジ業者楽々比較

総合ランキング

POS+
総合評価★★★★★
ラクレジ
総合評価★★★★☆
スマレジ
総合評価★★★★☆

ホーム > 使いやすいPOSレジとは > 経費削減にもPOSレジは有効です

経費削減にもPOSレジは有効です

 最近は、スーパーのような量販店だけでなく小さな小売店でもPOSレジを導入するところが増えました。旧来のレジスターとPOSレジではどのような違いがあるのでしょうか。まず、会計がスムーズに行えることがあげられます。ピッとするだけでレジの打刻ができるため、商品の見間違いや金額の打ち間違いといったミスを減らすことができます。会計のスピードアップと打ち間違いなどのミスを回避できることで、お客さまの満足度も上がることでしょう。
それだけでなく、ネットにつながることで、いち早い売れ筋商品の把握やそれに基づく発注、在庫管理まですることができます。これまで人件費をかけて行ってきたことが、POSレジを導入するだけでできてしまうのですから導入する店舗が増えるのも無理はありません。複数店舗の管理などでも強みを発揮することができますから、マーケティングを考えているところほど導入しているようです。


多店舗を管理する時役立ってくれるPOSレジ

 お店を開店する場合、必ず必要になってくるツールがレジではないでしょうか。昔のような手提げ金庫を使っているお店もあれば、最新のPOSレジを導入しているお店もあります。小さなお店なら簡単なレジスターで十分でしょうが、経営が順調に発展し複数の店舗を管理するのであればPOSレジを利用することをおすすめします。会計にかかる時間を短縮できるため少ない人数でもスムーズに会計ができ、さらにマーケティングに欠かせない売上データの収集も可能です。あらかじめ設定しておくことで打ち間違いを失くし、レジ打ちの不安感を低減することができます。複数店舗のデータを一元的に管理することができるため、これまで以上に効果的な在庫管理を実現できます。
それぞれの業種に合わせたソフトが開発されているため、いまではどのような業種でもPOSレジを導入することが可能です。これほどのメリットがあるのですから、ビジネスの成功を真剣に考えている経営者ほど導入に積極的なのは無理もありません。


POSレジには色々な形態があります

 データの集積・管理に優れた性能を持つPOSレジは昨今あらゆるお店に導入されています。実はお店のレジだけでなく様々なタイプが存在します。まず、スーパーなどにあるターミナル型のPOSレジです。導入数が最も多いタイプになり、操作性に優れて周辺機器が充実しています。ただし、費用が高く本体が大きいため、設置にはある程度手間がかかってきます。
もう一つはPCにPOSシステムをインストールするシステムです。レジの機能がつきながらもPCとしても使用でき、メールなどの動作を行えて便利です。また、設置するだけでなく持ち運べるタイプもあります。例えばハンディタイプなら、広いお店や倉庫などの在庫管理に使用されています。スペースを取らないので狭い店舗にも便利です。最近ではシステムそのものをインストールしたスマートフォンやタブレットもあります。このタイプは、売上などのデータをすべてクラウド上で管理します。費用や維持費が安いので小規模の店でも利用しやすいPOSレジです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP