POSレジ業者楽々比較

総合ランキング

POS+
総合評価★★★★★
ラクレジ
総合評価★★★★☆
スマレジ
総合評価★★★★☆

ホーム > 使いやすいPOSレジとは > POSレジで効率アップができます

POSレジで効率アップができます

商品を販売するとなると、その品物の価格を知っていないと業務をスムーズに進めることが出来ませんでした。
しかし、POSレジを導入するようになると、商品の価格を覚えていなくてもバーカードを読み取るだけでレジを打てるようになりました。
そのため、業務の効率化を計ることができ、会計はもちろんのこと経理も同時に行えるようになりました。
しかも、入力ミスなどを大幅に減らすことが出来るようになっています。
それに伴ってレジ閉めの作業も自動で行われるようになり手間を省くことが出来ます。
ちなみに、売上データをもとに分析ができるようになり、過去のデータと比較をしたり、顧客属性を分析できるようになりました。
そして、誰でも操作がしやすいようにタッチパネルになっていたり、クレジットカードや電子マネーなどにも対応できるようになり、利便性がたかくなっています。



POSレジでバーコードのない商品の登録

商品を一般の会社から仕入れる場合、それぞれの商品にはバーコードがついています。
スーパーなどではバーコードを作成して、それを生鮮品などに貼り付ける機械などもあります。
それぞれの商品にバーコードがあれば、レジ業務も簡単に行えます。
一方で、ベーカリーショップやケーキショップ、その他の飲食店の場合は必ずしもバーコードがあるわけではありません。
この時に効率的なレジ業務を行うにはどうすればよいかですが、その時に使えるPOSレジがあります。
こちらは画面上に商品の登録ができます。
精算時には、画面上に表示されている商品群をタップしていくと、それらの商品を加算することができます。
最初は画面上から探す必要がありますが、慣れてくればバーコードよりも簡単に商品の精算が行えるようになります。
バーコードシステムを導入しなくても済みます。



百貨店のインショップにおけるPOSレジ

お店を出店するとき、単独の店舗のこともあれば、ショッピングセンターのテナントとして出店をすることもあります。
中でも百貨店のインショップは売上が期待できる出店先です。
百貨店側から声がかからないと出店できないこともあるので、一定の実績が必要です。
百貨店のインショップの場合、百貨店にもよりますが、会計は百貨店の共通のレジを使うことがあります。
百貨店における集計はできるものの、出店側としては情報が得にくくなります。
そこで簡易的に入力できるPOSレジの導入をすることがあります。
簡単に入力できるものなら、百貨店側のシステムで精算をした後に、そちらにも入力をしてデータを管理することができるようになります。
タブレットタイプであれば、百貨店のレジシステムの近くに置いていてもそれほどかさばらないので、問題なく使うことができます。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP